ブログ    「第1回 まち丘の日2019」の開催報告

「第1回 まち丘の日2019」の開催報告

「まち丘の日2019」は、同じ丘の上に集う4法人「社会福祉法人東京援護協会」「学校法人日本聾話学校」「社会福祉法人福音会」

そして私たち「一般財団法人ひふみ会」が、医療・福祉・健康・教育を地域と一緒に考えていく会「まちだの丘連絡会」を結成し、

第1回イベントとして開催したものです。

 

”地域とつながる”がイベントのテーマ。

 

10月19日土曜日、前日まで天気予報は雨模様でしたが、なんと開催2時間前に雨は上がり、

開催中にはお日様の光もこぼれ、暑くもなく寒くもなく、とても良いコンディションに恵まれました。

 

日本聾話学校さんの駐車場と体育館、野津田公園展望広場の3か所を会場とし、

約600人の来場者にお越しいただき、無事に「第1回まち丘の日2019」を終了することができました。

 

当法人からは、医事課の山田が実行委員長を務めさせていただき、

放射線科の奥村は熱烈ラグビーファンとして、キヤノンイーグルスさんを招待させていただき、

もはやキャノンイーグルスさんの広報かと思うほどの活躍 (笑)。

 

実行委員長の山田より、

「地域とのつながりに対しての第一歩となりました。この丘の上での教育、福祉、医療の連携が取れたと実感しております。来年以降も継続して行いたいと考えております。」と感謝申し上げます。

キヤノンイーグルスさんより、

「次回も機会があれば参加させてください。より良いつながりが持てたら最高です。」とのコメントをいただきました。

 

ご参加いただきました皆さま、数多くの事業所や関係先の皆さま、今回ご出店や出演いただきました皆さま、

力強いご協力とご支援をどうもありがとうございました。

 

このご縁を大切にして、これからも地域の皆さまと共に歩んで参りますので、何卒よろしくお願いいたします。