電話番号 042-735-3731

Home » ブログ » キャリアコンサルタントの滝井元視先生をお招きし、院内研修が行われました。

キャリアコンサルタントの滝井元視先生をお招きし、院内研修が行われました。

談話室において全職員を対象に、第1回「快適に仕事をするために」、第2回「コミュニケーションがもたらす効果」という全2回の研修会が行われました。

今回お願いしたのは、キャリアコンサルタントの滝井元視先生。身長192㎝、細身でボーリングが凄腕の優しい先生です。

なるべく多くの職員のシフトの都合がつきやすいように、1回の研修を2度ずつ行ってくださいました。今日がその最終日です。

第1回目は、快適に仕事をするために自分たちの力で改善できる前向きな考え方や言葉の使い方、態度について考えました。

グループワークで、仕事の申し送りをネガティブ表現からポジティブ表現に変えてみると、穏やかな伝達ができることがわかったり、自分が短所だと思っている点を長所に言い換えてもらい、自分でもわからない新たな一面に気づかされたりしました。

相手を理解しようと努め、表現のしかたを工夫することで気持ちの良いコミュニケーションが生まれ、職場環境が快適になるんですね。

第2回目は、どのようなコミュニケーションが相手と良い関係が築けるか、具体的なかかわり技法を学びました。

その中で、あまりにもまちだ丘の上病院の職員が楽しく賑やかにコミュニケーションが取れていたのでしょうか、滝井先生が「常軌を逸している。」とつぶやかれたのが聞こえました。

そうなんです、私達は日ごろからとても雰囲気が良いのです。ストップウォッチを持たれた先生の「終了」の声が聞こえないほど、決して井戸端会議ではなく、あくまでテーマに即した話題で盛り上がれるのです。自慢の職場です。

それでも、コミュニケーションが良いだけではなく、先生が教えて下さった「聞く」と「聴く」の違いや、チーム医療、チームケアは共感することから、といったことは、しっかり心に刻んでおきたいですね。

以上、あまり多くの時間が取れないながらも、大変充実した研修会でした。

一人ひとりこの研修会で感じたことは違うかもしれませんが、それぞれが折にふれ内容を思い出してみると、職場の何かが変わるかもしれません。

おしゃべりが止まらない私たちを温かく導いて下さった滝井先生、この度はどうもありがとうございました。(ST)