ブログ    当院副院長、小森医師の「まちだ丘の上病院に就任した理由」が記事になりました

当院副院長、小森医師の「まちだ丘の上病院に就任した理由」が記事になりました

2020年4月1日より、小森將史医師(総合内科)がまちだ丘の上病院に副院長として就任いたしました。

「多くのキャリアの選択肢の中から、なぜまちだ丘の上病院を選んだのか」

小森医師の思いが、記事になりました。是非、ご覧ください。

 

「臨床・経営・地域コミュニティづくり」全てできる環境で働きたかった。医師として”まちだ丘の上病院”を選んだ理由

 

小森医師の専門は「総合内科」になります。

 

総合内科では幅広い症状を診ることができますので、「体調に少し異変がある」、「体の調子が少しおかしいな」と感じられた方は、どの様なことでも、まずはお気軽にご相談ください。

 

副院長 小森將史(こもり まさふみ)

  ◇大変気さくな人柄で、患者さんのお話を親身に聞いてくれる副院長。まちだ丘の上病院をもっともっと素敵な病院にしようと奮闘中です。

◆経歴
東邦大学医学部卒業
キングス カレッジ ロンドン(イギリス)公衆衛生大学院(MPH)卒業
エジンバラ大学(スコットランド)理修士号大学院(MSc global eHealth) 在籍中
千葉大学 履修証明プログラム (遠隔医療マネジメントプログラム) 卒業
2010年4月~2020年3月 亀田総合病院 総合内科

2020年4月より現職

北里大学病院総合診療科非常勤講師

◆資格
日本内科学会:内科認定医/内科指導医/総合内科専門医、

公衆衛生学修士