私たちと働く    仲間たちの声:【ケアクルー】沼田 幸
【ケアクルー】沼田 幸

仲間たちの声

【ケアクルー】沼田 幸

介護職との出会い

私の介護との出会いは、高校の時に実習に行った老人ホームでした。
元々動物看護師になりたくて、畜産科のある高校に進学したのですが、そこの実習で訪れた老人ホームで、入居者の方に職員と間違われて「トイレ介助」をお願いされてしまったんです。
もちろん、そのときはトイレの介助が出来なかったのですが、おばあちゃん子だった私はそれが悔しくて、高校卒業と同時に介護の道に進むことにしました。

大切にしていること

介護職として私自身特に大切にしていることは患者さんに「ちょっと待ってて」と言わない事。
実現するのはすごく難しくて、どうしても1日の間で何回かは言ってしまうのですが、なるべくそう言う状況にならないように、意識をしながら業務をしています。
特に、病院で働いていると病棟のどこにスタッフが行ってしまったかわからない状況も多く、探すだけで時間がかかってしまって患者さんに迷惑がかかるので、できる限りどこで何をしているかを周りのスタッフに伝えるようにしています。

1日のスケジュール

私は今8時~15時30分までの勤務ですが、朝からのスケジュールは時間でやることが決まっています。
出勤時 : 申し送り表をみて情報確認
8:00~ 朝食の準備・配膳・介助
9:30~ オムツ交換または入浴介助
12:00~ 昼食の準備・配膳・介助
13:30~ 入浴介助または体位交換
15:00~ オムツ交換
基本的な業務の間に、患者さんの状態を見たりお話を聞いたりしています。

目指すもの

日々業務は忙しいのですが、入院している患者さんにはもっとしてあげられることもたくさんあるように感じています。
今はスタッフが少なくて実現出来ていないのですが、座位が取れる患者さんは車椅子に乗ってもらって同じスペースでお食事を取りながら会話を楽しんでもらったり出来たら良いなぁと思っています。
まちだ丘の上病院は、働き方もフレキシブルで、周りのスタッフからのサポートも受けやすいので、本当に働きやすいです。
いつか私の大切な人に入院が必要になった時に「まちだ丘の上病院に入院して欲しい」と言えるような病院を目指して頑張って行きたいと思います。

現在募集中の職種一覧

仲間たちの声