私たちと働く    仲間たちの声:【看護師】田中 千恵美
【看護師】田中 千恵美

仲間たちの声

【看護師】田中 千恵美

仕事と育児の両立

私は、新卒から15年間急性期病院で働いて来ました。
15年の勤務の中で出産を経験し、育児をしながら時短勤務をさせてもらっていたのですが、時間外などは多くちょっと続けられないなと思って転職をしようと考えていました。
転職の際に、エージェントの方には『複数の看護師と働けること』『家から近い事』を条件に探してもらい、まちだ丘の上病院を紹介してもらいました。
一緒に働いたスタッフを含め、病院スタッフ全体の優しさを感じたのと、実際に時間外勤務も少なく、予定通りに帰れる環境だったので仕事と家庭の両立が出来ると思いました。
病院では、日勤常勤で勤務出来るところは少ないですが、この病院はそれを認めてくれたので、小さな子供がいても働きやすいと感じています。

実際に看護師になって、急性期病院で働き始めたときは、目の前で起きることへの対応で一生懸命で、とにかく状況に対応していたのですが経験を積んで、仕事にも慣れると徐々に患者さんのお気持ちも理解出来るようになったように思います。
今は、ある程度経験を積んだので、同じ病気の患者さんでも、ご本人の考え方や性格、ご家族の状況を踏まえて対応を変えられるようになったのではないかと思っています。

新しい事を学び続ける

まちだ丘の上病院の看護部では、チームに分かれてテーマを持った活動をしています。
私はテーマに『緩和ケア』を選びました。
緩和ケア病棟はないのですが、まちだ丘の上病院の入院患者さんには、がんの患者さんも増えてきているので、そのような患者さんのために自分たちで考えたり、調べたりしながら患者さんの満足につながるようなことを実践しています。
いつか、緩和ケアの取り組みが病院の強みのひとつになればと思って頑張っています。

チームワークの力

最近は入院してくれる患者さんも多くなってきて、症例の幅も豊富になって来ているので、業務が大変になって来ている部分もありますが、他職種の協力や看護部のチームワークで楽しく乗り切っています。
勤務時間中は忙しい日もありますが、時間外勤務はほとんど無く、常勤で勤務しながら家事や育児もちゃんとこなせているのでありがたいと思っています。

現在募集中の職種一覧

仲間たちの声