© 2021 一般財団法人ひふみ会 まちだ丘の上病院.

まちだ丘の上病院について

まちだ丘の上病院

「療養型病院」って なんですか?

病院には大きく分けて、急性期、回復期、慢性期(療養)の3つの役割があります。急性期では、 「病気になりはじめた時期(症状が悪化した時期)」に集中的な治療や検査、手術、看護等を行います。 回復期では、急性期で治療を受けた後、病状が安定し始めた状態の患者さんを対象に、日常生活への復帰、 身体機能回復等を目的にリハビリテーションを中心に行います。

療養型病院では、慢性期(病状が安定している時期)の患者さんを対象に、医療・介護・リハビリサービスを提供します。 病状が慢性期になった方(主に高齢の方)は、治療よりも長期にわたるケアが必要となってきます。 療養型病院は、入院可能期間に制限がなく、 その人の症状や生活背景に合わせて、長期的な目線でケアを提供できることが特徴です。 「治し支える」ことが療養型病院の役目です。

「介護施設」との違いは、医療的ケアをより受けられる点にあります。施設では、介護サービスが中心となり、 「生活」を大事にしたケアを受けられます。一方で、医療スタッフの数が少ないため、「医療的ケア」は受けることが難しい傾向にあります。 療養型病院では、医療スタッフが多くいるため(医師、看護師等)、急変時の対応や医療的ケア(喀痰吸引、経管栄養、中心静脈栄養等)が受けられることが特徴です。

野花

3つの機能

まちだ丘の上病院の特徴

  • 「確かな医療」

    患者さんに安全・安心な入院生活を提供します。病棟スタッフでの打ち合わせを定期的に行い、患者さんの治療方針を多職種で共有しています。また、患者さんの病状に合わせた、リハビリテーションにも力を入れています。

  • 「温かな医療」

    日常を豊かにすることを大切にしています。退屈になりがちの入院生活な中で、少しでも楽しんでもらえる様に、お散歩、レクリエーション(院内デイ)、季節行事等を行っています。患者さんが病院の中で、自分の役割を見つけることができる、お仕事クラブという取り組みも新たに始めました。

  • 「共に歩む医療」

    その人らしさを大切にしています。患者さん、ご家族さんの意思を最大限尊重できるよう、入院前ヒアリングや入院後の患者さんの情報共有を積極的に行っています。お看取りの方針(人生の終え方)についても、病院主導ではなく、患者さん、ご家族さんにご相談させていただきます。

本
次のページ