ブログ    「まちだ丘の上病院の栄養科」が記事になりました

「まちだ丘の上病院の栄養科」が記事になりました

「食べられて本当に嬉しい」その声を聞くために。

患者さん一人ひとりの願いを実現する食を届ける栄養科の取り組みを是非知っていただければと思います。

点滴でしか栄養を摂れなかった患者さんが、1日1回でもミキサー食を召し上がれるようになったり、ムース食の方が細刻み食を経て一口大のお食事になったり。

それは栄養科と言語聴覚療法士がタッグを組み、試行錯誤し、様々なスタッフの協力を得て、慎重に進めた成果です。

食べられることは嬉しい。その声を聞き続けていられるように、今日もベッドサイドに向かいます。

その取り組みをどうぞご覧ください。

 

「食べられて本当に嬉しい」その声を聞くために。患者さん一人ひとりの願いを実現する食を届ける栄養科の取り組み|一般財団法人ひふみ会 まちだ丘の上病院|note