ブログ    院内感染対策に対する勉強会を開催しました。

院内感染対策に対する勉強会を開催しました。

まちだ丘の上病院では、全職員が参加する院内感染対策の勉強会が年2回開かれています。
 
今年も8月12日に勉強会が開催されました。今回の勉強会の講師は当院の非常勤医師であり、感染症が専門の長谷川真也先生です。
 
テーマは「療養病院で気を付けるべき感染対策」です。
 

私たちの身の回りにはたくさんの細菌がいます。
細菌の中でも、抗生物質に対する抵抗性を持つ細菌を耐性菌と言います。
 
この耐性菌が増殖することで、感染症が病院内に広まっていきます。

 

感染対策の中で、簡便で最も効果が高い対策は手を清潔にすること(手指衛生)です。
 
手が清潔に保たれていないと、細菌が患者さんから違う患者さんへと手を媒介にしてうつっていきます。
長谷川先生の勉強会を通じて、職員一同が改めて手指衛生の重要性を実感しました。
 

当院では職員の感染対策の頑張りにより、現時点では新型コロナウイルスの院内クラスターは発生しておりません。
 
引き続き、地域の皆様に安心した医療を提供できるように、職員ひとりひとりが感染対策を徹底していきます。